わたしの吐き方日記

私のめんどくさい自意識を吐き出す日常

昨日sexしました。

本当は前回の記事の続きを書きたかったんだけど、ついに昨日4年ぶりにヤッた事を先に書きます。

 

実は昨日ヤリました。

夜勤帰りの夜中、風が心地よく気持ちが良いのでベンチに座っていたらナンパしてきた男に誘われてホテルに行きヤリました。

お前随分尻軽だなーwとみなさんの

思うように思ってください。

わたしは何を思われても良いです。

ホントにバカだから。

 

 

色々きちんと言葉にまとめたいので

今はざっとしか書きませんが

私ってどこまでバカなのでしょうか。

11年前と(前の記事)と似たような事してるからね!!ホントにバカでしょ!?

どこまで学習能力ねぇーんだよ…。

 

ただ結論として私は私に言いたい。

セックスをして自分の中にいるド女を満たそうとヤリマン復活祭をやるぞーなんて言っていましたが

 

 

 

男とセックスしても満たされません。

一時的にオンナとして見られてる錯覚に落ちて

気持ちよかったかもしれませんが、

あなたはオンナとしてみられてません。

彼にとってただの肉便器だったのです。

(強がりに聞こえるかもしれないけど

私からしたらその男もバイブだからな!怒)

でもひとつだけ褒めてあげたいのは(?)

その男の事を

好きにならなかったこと。

そこは11年前と変わりましたね。

あれが11年前なら好きになってましたねw

 

大島優子じゃないけど

昨日sexした私が総じて言いたいのはこういう事だと思うの。

 

 

愛し愛されてる関係の男以外とはヤルな。

 

は、もちろんだけど

恋愛市場で成上ろうとか

男にオンナとして評価してもらいたいとか

そんな事しても満たされないよ。

もっともっと根の深い所を変えていかなきゃ、

結局なにも変われない。

 

私はただ、私に愛されたいだけだから

結局私を愛する努力をしなきゃなにも変われない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤリマン時代 〜なぜヤリマンになったか〜

 

いまから11年前。

15歳の5月22日、私はさっさと処女を

捨てた。

その日に会った同い年の男と。

本当は思い出したくないけど、

この過去を追求すれば私が悩んでいるものが

わかるような気がするからおもいだしながら

書きます。

 

あれは…

 

仲の良かった女友達5人グループのなかに

私はいて、話す会話は「カレシほしいー!!」とか男の話かアイドルの話や誰の悪口ばっかw

でもその中でもきっちりスクールカースト

あり、マウンティングもしっかりあった。

私はその中でも下の方にいる事に

焦っていた。

だって小中とスクールカースト下の方だったんだもん。なのに変に悪目立ちして

友達の親からもバカにされていた。

とても傷ついたし、くやしかった。

そんな思春期の小娘の私は考えた。

「高校に入ったら高校デビューするぞ」ってw

わっかりやすいなぁ自分 笑!

でもそれが上手くいかない。

メイクしてもにきびがひどくてみんなにバカにされるし、太っているからデブデブ言われていて自分が妄想してた高校デビューはできなくて

焦りで自己嫌悪で毎日家で泣いてた。

 

 そしてその年代の小娘達は

早くオトナになりたかった。

とにかく一緒に横に並んでいるお友達よりも

少しでもいいから大人になりたくて

タバコやお酒飲める自慢したり…。

何人の男とヤっただの

3Pしただの、ハイブランドのバッグもっているだのくだらないマウンティングの嵐だった。

ほんっとガキだなぁといまなら思うけど

そこの波に乗らないと生きていけないのが

女子スクールカーストの闇。

そしてそのグループのリーダー、アカリの

他校の男友達と合コン(?)をする事になった。

男5人と私たち女5人で。

 

メンバーのリーダー格でアカリ(彼氏あり/ヤリマン)

1つ上のおねぇさんアコ(彼氏なし/ヤリマン)

おちゃらけてるアミ(彼氏なし/処女)

大人しいマミ(彼氏なし/処女)と

私(彼氏なし/処女)が

いつもつるんでるグループ。

 

男メンバーが、

 スクールカーストナンバーNO.1のレン(彼女あり/ヤリチン)

おでぶキャラのりょう(彼女なし/童貞)

チャラい男、和也(彼女あり/経験済み)

山Pに似ている藤山くん(彼女なし/経験済み)

メガネかけてる山田くん。(彼女なし/童貞)

 ちょっとイケメン加賀美くん(彼女あり/経験済)

夜9時ぐらいにみんなでお酒買って

大きい公園に集まって飲んで騒いでと、

やってるうちに自然と

カップルが生まれる。 

まず、アカリとレンがイイ感じになり

二人でみんなから見えないすべりだいの所で

イチャつき始めた。(しかもこの二人お互いに彼氏彼女がいる)

それに続き、和也とアコも二人でどっかいくし、私とアミとマミと藤山と山田と加賀美はただ単純に騒いで、イチャついてる奴らにちょっかいかけては

冷やかして騒いでいた。

そのときアカリが急にみんなの前で

「アヤ(私)は処女だから!みんなより遅いの!」といきなり言ってきたのだ。

 

なんでみんなの前でそういうこと言うのだろう。年頃の私はみんなの前で言われて恥ずかしくて傷ついた。

ホント、アカリのそういう所嫌い。

でも傷ついていないフリをして

「そうだよー」って笑ってごまかした。

アミやマミだってまだ処女じゃん。

なのになんで私だけそんな事言われるのだろう。くやしい気持ちでいっぱいで

余計「処女」ということに焦りを感じていた。

 

とても、とても、悔しいけど

私の本心は経験済みの

アカリやアコがすごく羨ましかった。

とりあえず飲めないお酒を飲んだフリして

酔っ払ったフリをしてギャーギャーやってると

さっきまでアカリとイチャついてたレンが

急に私のとこにきて腕をつかみ

 みんながいない木陰に連れて行き

キスをしてきた。

すっごくびっくりしたけど

どっかで今日処女卒業してやるって

期待していたからとても嬉しかった。

そのまま流されるままキスをしていたら

アカリが鬼の形相で私たちをみて泣いていた。

私はそれに気づいていたけど

いままでに感じた事がないくらい

いや、人生で初めて自分がオンナとして

酔えているこの一瞬を絶対に絶対に

終わらせたくなかった。

当時愛読してたファッション雑誌によく
セックス特集が組まれていて
男が喜ぶセックスはこうだ!とか
キスはこうだ!とかを鼻息あらくして
勉強していた事をまるまる実践していた。
それでレンが喜んでくれていることも私は
オンナとして満たされている錯覚に落ちた。

「このまま最後までセックスしちゃえばあたしは変な自意識から楽になれる。みんなより大人になれる。アカリが泣いてるのなんてどうでもいいからキスし続けよう。」

これがあの時の私が思っていた言葉。

いま思えば半端なく最低だし、楽になんかなんねぇよ!そのせいで、今後もっとめんどくさい自意識地獄に落ちるぞバーカ‼︎ってあの時の自分に言ってやりたい…笑。

そのあと、盛りついた私たちは

もちろんキスだけじゃ終わらず

どんどんエスカレートしていき、

もう周りがみえない二人はすべりだいの下に

行きセックスした。

正直想像してたより全然気持ちよくないし

ただただエロい声をだして

「私、ヤッている!」って自分に言い聞かせてそれに酔っているって感じだったような気がする。

そしてヤッている最中何気なく後ろをみたとき

また真後ろにアカリがいて私たちをみてまた泣いてた。

その時私はアカリがわざとそこにいて泣いて

セックスをやめさせようとしていた事に気づいていた。

でもやめたくなかった私は

さっきよりもすごくエロい喘ぎ声を出した。

いつも処女の私をバカにしてマウンティングしてくるアカリにわざと聞こえるように。

「最初にレンはアカリとイチャイチャしてたけど結局わたしとセックスしているの。あんたは選ばれなかったんだよ」って思いながらセックスしていた私はなんて性格が悪いのだろう。

いや、どこまでオンナを拗らせていたのだろう。

その後アカリは突然いなくなり

邪魔ものがいなくなった私とレンは

かなり盛り上がっていた。

セックスが終わったのが確かAM4:00ぐらいで

夜の暗闇からほんの少し明るさがでていて肌寒くなっていたからレンの上着を借りてたた呆然と甘い余胤に浸っていた。

でも唯一、レンがゴムをつけないでしてきた事が私を不安にさせた。

そして私はレンに

「子供が出来たらどうする?」と聞いてしまった。

いま思えば、レンからすればとてつもなく

重いオンナだよなぁ。

ほんと思い出したくない。涙

 

「…。もし、もし子供が出来たら彼女とは別れるよ。でも子供はおろして、そのあと責任はとるから」

 

レンが言った言葉に一気に現実に戻った。

「彼女にバレないかな…。」

私はまた不安になっていた。

でもレンは私の不安をよそに可愛い顔をして

 

「これは二人だけの秘密ね!!」

 

って言って他の男どもの所に行った。

(ていうか、みんな私たちがヤッてるの知ってんだから秘密もなんもねーよって話w)

でも私はその可愛い顔が愛おしいと思ってしまった。

 

気がついたらアミとマミもいないし、

アコは和也とどっか行ったきり戻ってこない。

アカリもいない。

何気なく携帯をとりだし

アカリのブログをみると私とレンがヤッている時間に投稿された記事があった。

 

「あいつら最低!」

「あぁいう風に浮気するやつらみてるとホント

腹立つ」

 

私の事だとすぐ分かったのと同時に

苛立ちが募った。

「自分だって彼氏いるのに浮気した自慢するくせになんなの。

自分がレンに選ばれなかっただけでしょ。

まぁいいや、

とりあえず私はもう処女ではないのだ。

はぁ…よかった。楽になれるんだ。」

 

太陽が昇ってきて明るくなってきた。

とりあえず公園のトイレにいき

鏡をみると化粧は剥がれ、とてもブザイクな

私がいた。

ヤバい。こんな姿レンにみられたら嫌われる。

焦りながら一生懸命ファンデーションをかさねて塗ると余計ムラになって汚くなってしまった。

最悪だ。

トイレの外にはレンと藤山がいて

私はずっと下を向いてレンに顔をみられなようにしていた。

レンはそんな私を不審にみていたけど

明るくなってこんなブザイクな顔みて

萎えられるのが私は怖かった。

下を向いていたらアミが来た。

「ねえ!何やってんのバカ!」とアミは私に言って来たのだ。

「アコもいないし、アカリもいなくなったし、

あんたはヤッてるし、でマミは一人で帰っちゃったんだよ?とりあえずいまアカリ、加賀美くんの家にいるから行こう」

アカリに会いたくないなと思いながら

下を向きながらレンの自転車の後ろに乗って加賀美くんの家にみんなで行った。

 

加賀美とアカリとメガネの山田がベッドの上にいた。

 

その瞬間アカリが加賀美と山田と3Pしたのが分かった。

 

だってあんなに鬼の形相してたアカリが

優越感に浸った顔をしていたから。

 

アカリとはお互い何事もなかったかのように

喋ってレンの自転車に乗って最寄りの駅まで送ってもらった。

 

ずっと下を向きながら。

 

 

 

 

 

 

続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の中の人

そんなんでヤルと気合いいれていましたが気がつけばもう5月後半…。


やべぇー…。夏休みの宿題ばりにヤッてねぇ。涙


…つーかなにひとつこの計画進んでねぇ!怒。


言い訳としては…


まぁとりあえず出会いがない。

普段は

バイト→たまにバイト先の先輩後輩とごはん→家にいる→バイト→家にいる→たまにひとりで旅行。

の、繰り返し…。

そりゃねぇわな!!


バイト先で出会いもないし(こっちがいいなと思っても相手にしてもらえないw)

友達いない。


ぎゃああああーー!!!

こんな自分が嫌だから

変わりたくて自分でも

よくわかんない計画立てんのに

なんにも進んでないってバカか自分。


いや。待て、もう自分を責めるのはやめよう。

私はいつも自己反省して自分を責める。

必要以上責めて自信をなくさせる。

私は一人なのに私の中にいる人達が

「私」を責める。

だから私は自分の中にいる人に

責めらることがなによりも怖い。

他人に責めらたり貶されたりして

傷ついているのに

さらに「ほらみろ。お前がそういう奴だからみんなにバカにされるんだよ」と

私の中の人が言うのだ。

この最後のドドメが怖くて怖くて怯えてしまう。

結局他人の言葉なんかどうでも良くて

私はこの最後のドドメを指す「自分」に

傷つけられる事が一番恐れているんだ。

だから、私を傷つけてくる自分から

「私」を

守るために「自己愛」っていうもう一人の自分が出てきて

過剰な程、私を守るため

檻のなかに入れて可愛がるのだ。

「あなたはそんな人間じゃない。

あなたはもっとすごい。周りが気付いていないだけ」

でもそんな「自己愛」に守られて愛されてる「私」を

私は嫌悪するのはなんでなんだろう。

考えれば考えるほど分からなくなる。

ていうか本当めんどくせぇな「自分」笑。


だから男とセックスして

解決すんのか?ってはなしだけど

私にとって自己愛とセックスってなんか

繋がっているような気がする。

それを自分の目とカラダで確かめて

自分で納得がしたい。


どこまでも自己愛オナニーやろうだな。

ほんっと呆れるよ!!涙 byもう一人の自分










「ブスはセックスが好き」

母が何気なくぼそっとつぶやいたこの言葉に

私は何故かモヤモヤした感情が生まれた。

だってこれは今の私のテーマだから!!

いやードキッとしたわ…汗。

てか、なんで母がそんな言葉を言ったのかは

置いておいて(え?)

何故これがいまの私のテーマかって言うのは…

 

(ここからはバカな発言をします。注意してください)

 

私は元彼と別れて4〜5年経ちましたがその間誰ともお付き合いしてないし(彼氏がいるって嘘言ってたw)

もちろん、誰ともヤッてません。

悔しいくらいヤッてません。あー自分で言ってて悲しい…。

そこで私は気がつけば26歳の誕生日にこのまんまだったら

二度とセックス出来ないんじゃないかと異っ常なくらい不安になり、決意しました。

 

「ぜってぇー今年はヤル。ヤル。彼氏だろうがなんだろうがヤル。ヤッてみせる。」

「ヤリマン復活祭をヤッてやるぜっ!」

 

と鼻息を荒くして覚悟を決めました。

 

ここで「ヤリマン復活祭ってなんだ!?」って思った人もいると思いますが♡

それは後で♡笑

 

私はセックスが好きだ。(どうしたいきなりw)

あぁ。好きさ。大好きさ。ハッキリ言うよ。なんか文句あるか??(我ながら強気だな…)

 

それは何故かって?

 

それは自分が解放されて

自己陶酔できるから。

もちろんエロい事も好きだけど

私にとってエロって自己陶酔なのだ。

エロい格好してる私が好き。

エロい事してる私が好き。

ただの自己愛オナニストなのです。

うん、登場人物、自己愛だらけだな…涙!!

 

でもなんで私がこんなにもエロにしがみつくのだろうとずっと悩んでいましたが

中村うさぎさんの著書

「セックス放浪記」

雨宮まみさんの著書

「女子をこじらせて」

を読んでみえてきたのは

私の背景にあるのはやっぱりコンプレックスやトラウマでした。

かなりありきたりな感じですが、これがまた根が深い。

男にオンナとしてみられたい。

でもその男が自分の好みの男じゃなきゃ

絶対に嫌だし、誰でも良いわけじゃない。

でもそれは男もでしょ?

どうせ抱くなら良い女の方がいいじゃん。

なのに、自分が好きな男には私は欲情してもらえないからずっとずっと気持ちも心も欲求不満なのだ。

誰が悪いってそれは自分が悪いのは

分かっているから自己嫌悪してしまう。

でもどうしてもどうしても

自分の中にいるオンナを解放させてやりたいのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

03

オンナの吐き方ってどういう意味?(吐き方編)

(⚠︎ここからかなり下世話な話しになります。食事中の方やそういうの苦手な方はみないほうがいいです…。)

みなさん、お酒飲み過ぎて吐きたいときってどこで吐きますか?ウ○コしたい時どこでしますか?…だいたいトイレですよね!?(違う人もいるのかもしれませんが…w)

そう。トイレです。トイレでしましょうよ!!

飲み過ぎて道端で吐いてる人がいたら「やだなぁ」って思うし道端でウ○コしている人がいたら「オイオイwこんな所でヤメろよ!」となります。これは私の持論ですがマウンティングやカーストを作ったり自分よりも見下した相手をバカにして自慢話しをしたり相手に自分のコンプレックスを擦りつける行為の事を「ゲロ(自意識)を吐く」行為だと思っています。'トイレに'じゃありません。その相手の頭の上にです。最低でしょ?でもそんな最低のやつごまんといます。 吐いた奴は直後はスッキリして何食わぬ顔していますがまだ、吐きたりないのかいたる所で自意識をまた吐きつづけています。吐かれた方は不愉快な思いをします。そんなゲロを黙って拭く人もいるし自分も負けじとそれをやってきた相手に同じくゲロを吐く人もいます。どちらが正しい対処なのかはわけなのかはわかりませんが、トイレ行けよトイレ!!怒。という気持ちです。

でも、正直私、'両方'を経験してます…。

人様に(自意識)吐いたこともあるし、

吐かれた事もあります。でもやっぱり吐きたかったらちゃんとトイレ(影)で吐き、後始末は自分でするものだと思います。

他人にそこまで求めちゃいかん。

そんな「自意識を吐く」という意味と「オンナ」を掛け合わせて

オンナの吐き方

というタイトルにしました。

#オンナ
#オンナの吐き方
#自意識
#自己愛

 

02

オンナの吐き方ってどういう意味?(オンナ編)

このタイトルの意味は私自身が常々悩み続けている[女であること]や[隠しきれない自己愛]を吐き出すという意味を込めています。私は性同一性障がいではありません。が、いわゆる「女」であることが苦痛に感じる時があるのです。私は大好きな作家のLilyさんの著書「男の左手、薬指 女30、ロマンと現実、恋愛結婚」の中に
[ド女]という言葉があって衝撃を受けました。ド女とは女のすげー嫌な部分が滲みでちゃってる女の事です。妬み嫉み僻み、自慢もそうだけどマウンティングとか勝手にカースト作っちゃったりしている女。いわゆるthe 女!!みなさんの周りにもいますよね?そうそう!あの女とか!ホントそういう女大っ嫌い〜!!ってそれって私じゃね?!と気づきました(笑)いつもそんな自分のド女な気持ちに自己嫌悪したり反省したり開きなおったり。そんな感情をひた隠ししながら作り笑いですり抜けてきたつもりだけど実際はド女臭プンプンでクサかっただろうな…涙。自己嫌悪しながらモヤモヤしたモノを感じていました。でもちょっと待って。あたしだけじゃなくね?だってそんな女沢山いるじゃん(笑)!と開きなおり♡(笑)あー、ド女めんどくせぇ!!

はじめまして。

初めまして。
私はカラダは25歳、精神年齢14歳のいまだに思春期を引きずっているこじらせてるオンナです。笑
簡単に言うとめんどくせぇオンナです。
自分でもめんどくせぇって思うし、ついていけない所があります。でもなんとか自己愛を必死に隠しながら時にダダ漏れしながら生きている25歳独身彼氏なしパート勤務だ、バカやろー!  
…という所で私が永遠に悩みつづけている(これからも悩みつづけるだろう)
[自己愛][オンナ][自意識]などについて独断と偏見で書いていこうと思います。言葉使い悪いけど許してね!!笑。